たぶせ在宅クリニック

和歌山市の訪問診療 たぶせ在宅クリニック

〒640-8264 和歌山市湊桶屋町10 M&MビルA号室
TEL 073-424-0207  FAX 073-424-0300

rss

HOME»  院長のブログ»  その他

その他

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

時代ですね

もう秋ですね。
先日、とあるイベントに参加しました。



イベントに出店していたお店でコーヒーを買ったのですが、凄く愛想がよくてコーヒー愛が強い店長さんで、
コーヒーのドリップを待つ間の会話が弾みました。

お店は何処にあるんですかと聞くと、固定の店舗は持たずに、イベントへの出店や期間限定で間借りして出店しているそうです。
店長さんは見た目30代前半という感じで、爽やかイケメンでした。
コーヒー屋はメインの仕事なのか副業なのかは聞けませんでしたが、店舗なしで身軽に大好きな仕事をしているんだなと感じました。


そういう私も超シンプルなクリニックをしていますので、初めて来られた方はビックリされますね。
クリニックのドア開けたら、完全に事務所仕様ですから。

とても有難いことにクリニックの経営は軌道に乗っていますが、今後もクリニックを新築移転したり豪華にする予定はありません。
何故なら、私が目指すべき在宅医療にとってそれらは全く重要ではないどころか、無駄な固定費が増えて経営のための診療を行わないといけなくなるからです。

私と神﨑先生が果たすべき役割は、誰に何と言われようと、今後もブレることは絶対にありません。

Simple is best.


2022-10-13 15:50:26

コメント(0)

折りたたむ

リフォームが終わりました

クリニックのリフォームが多くの方のご協力で終わりました。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。

仮事務所で仕事をしながらのリフォームというのは、事前に想像していたのよりも遥かに大変ですね。
細かいトラブルがいくつかあったのですが、業者様だけでなく私にも準備不足や確認不足があったので、色んな意味で貴重な人生経験となりました。


さて、クリニックも6年目に突入です。
これからも本業の訪問診療が唯一の核ですが、在宅医療の普及啓発も今まで以上に注力しないといけません。
和歌山市内は在宅医が増えましたが、県内でも和歌山市から離れれば離れるほど在宅医療を受ける機会は少ないです。
この地域格差の現実に対して、クリニックとして何が出来るかを考えて行動します。

また2年前から社会貢献活動も開始しており、今年は昨年以上の活動をしています。
もし機会があれば本ブログでも紹介したいと思います

クリニックも私自身もリフレッシュが終わりましたので、梅雨や酷暑に負けず、神﨑先生と共にしっかりと自分達の役割を果たします。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

2022-06-02 21:52:23

コメント(0)

折りたたむ

勉強会の告知です

秋が過ぎ去り、もうすぐ冬ですね。
寒くなっていますが、体調管理にお気を付け下さい。

12月2日(木)18時30分~19時30分に、和歌山市第5在宅医療・介護連携推進センターの勉強会「医療と介護の未来塾」で講師を担当します。
この勉強会は主にケアマネージャーさん向けですが、在宅医療に関係する職種の方ならどなたでも参加可能です。
今回担当するのは、「がんの自宅看取りの基本~事例紹介を交えて~」です。

ケアマネージャーさんの中には、自宅での看取り経験が0人やほとんど経験無しという方が多いそうです。
今回はそのような方々を対象として、がんの自宅看取りに必要な最低限の知識を事例を交えてお話しします。
がん患者さんを自宅で診てあげたいけど、何をどうしたらいいか分からないという方、是非ご参加下さい。

宇都宮病院さんの敷地内にある「なるコミ」での現地参加と、zoomでのオンライン参加のハイブリッド開催です。
申し込みは下記にお願いします。

医療と介護の未来塾|和歌山市第5在宅医療・介護連携推進センター





とある所で偶然見かけました。
大切なお着物をこのような額装で保管する方法もあるんですね。
他にも様々な物が額装されていました。
私も使わなくなった愛用の品があるので、その場にいた担当者さんに尋ねてみると、恐らく可能ですよとの返事。
近いうちに再訪してみようと思います。
 

2021-11-23 23:47:07

コメント(0)

折りたたむ

大成功・・・かな

昨日は田辺市で講演でした。
コロナの感染が広まった昨年2月以降、久しぶりの現地開催+オンラインのハイブリッドの会でした。
50分の持ち時間でしたが、現地参加の皆さんは真剣に聞いてくださって、僕もとても話しやすかったです。
田辺市には人生で初めて行ったのですが、10年以上振りに再会した人がいたり、和歌山市内の在宅医療関係者が何故かオンラインではなくわざわざ現地に聞きに来ていたりと、楽しいひとときでした。

質疑応答や意見交換をしていると、在宅専門医がいない地域のリアルな苦悩や問題点を知ることとなり、自分の置かれている立場/環境を再確認する機会にもなりました。
またある職種の参加者からは、早速勉強会の講師を内々に打診されました。
田辺市は私の訪問診療圏外ですが同じ和歌山県内ですし、少しでも在宅医療の普及に繋がるように微力ながらお手伝いさせて頂きます。


今日は最高の秋晴れでしたね。
先月も8月と同様に多くのお看取りがありました。
10月も気合い入れてしっかりと働きたいと思います。
 

2021-10-03 23:38:19

コメント(0)

折りたたむ

【告知】10月の講演です

10月2日(土)に田辺市で行われる南和歌山医療センターさんが主催の地域医療連携カンファレンスで講演させて頂きます。
現地参加とオンライン(zoom)のハイブリッド開催です。
参加資格は、医療従事者/介護従事者であればどなたでも可能です。
zoomでも参加可能ですので、田辺に行けない方でもどうぞ。

聞くところによると、田辺地域は私のような在宅医療を専門とする医師は0人とのことで、お看取りの大半は病院だそうです。
そのような地域で講演するは初めてですが、少しでも皆様のお役に立てることを考えてお話しさせて頂きます。

今までは御坊までしか行けませんでしたが、神﨑先生が来てくれたので遠方にも行けるようになりました。
講演、勉強会、カンファレンスなどのご依頼があれば、クリニックまでご連絡下さいませ。
オンライン開催でも対応可能です。




2021-08-07 23:14:00

コメント(0)

折りたたむ

犬派から猫派に

夏本番ですね。
7月は毎年訪問が少ないのですが、今月も例年通りかなり余裕があります。
特にネタがないので、最近飼い始めたお猫様の紹介をしたいと思います。

私は元々犬派でしたが、猫派の奥様の影響で結婚後は猫派に。
そして今年5月から遂に自宅で飼い始めました。

飼うのは保護猫と決めていたので保護猫カフェに通い、この兄弟に出会いました。


(保護猫カフェ 寺眠子屋さんにて)


生後2か月で保護主さんから保護猫カフェに引き取られ、健康にも関わらず1年近く里親が見つからないままだったそうです。
兄弟はとても仲が良く性格も穏やかで、外出中も部屋に悪戯することもありません。
仕事で疲れて帰って来ても、兄弟が癒してくれます。
しっかりと責任をもって最期まで添い遂げたいと思っています。


猫を初めて飼ってみて一番の感想は、猫って本当によく寝ますね^^。

2021-07-22 22:39:12

コメント(0)

折りたたむ

在宅医デビュー

今年の桜は一瞬で散り、今はツツジとハナミズキが咲いていますね。
勤務医の頃は四季を感じる事はほとんどありませんでしたが、今は街を走っていると四季がよく分かります。
在宅医になるまで、ハナミズキという名前は知っていても、どんな花でいつ咲くかは知りませんでした。


4月から入職された神﨑(かんざき)先生は、日々在宅医の研修をされています。
勤務医から在宅医への路線変更は、一見簡単に思えるかもしれませんが、真面目に取り組むならかなり大変です。
特に病院時代の習慣のほとんどは、在宅医療では不要というか邪魔になります。
病院には病院のやり方があるように、在宅にも在宅ならではの「お作法」があります。
これを知らずに在宅医をするのと、知っていて在宅医をするのでは、大きな差が出ると私は考えています。

私が東京で修行した際に、初日に病院時代の習慣は全て捨てるように言われ、その後の2週間で私の言動や所作、患者さん/家族さんとの距離感など、あらゆる事を徹底的に矯正して頂きました。
そしてそれが今、非常に役立っています。

神﨑先生にもしっかりと学んで頂き、私の後の世代の在宅医として将来活躍するために今しか経験出来ないことを学んで欲しいと考えています。
そのための環境を最大限準備して神﨑先生をお迎えしています。


こう書くと私は教える立場だけのようですが、実は私が神﨑先生から学ぶべきことが多くあります。
それはまた別の機会に書きたいと思います。



平成生まれの在宅医であり、神経内科専門としては和歌山県で初の在宅医であり、私の1番弟子です。
皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

2021-04-14 22:24:13

コメント(0)

折りたたむ

【告知】第2回TZCオンライン塾

先日、第1回のケアマネさんへのオンライン塾を開催しました。
参加者の中には、初めてzoomを使う方もおられましたが、事前に準備をお手伝いさせて頂き、
皆様無事にご参加頂きました。
好評だったので、今後は月1回のペースで予定しています。

●第2回、12月14日(月)13時~14時、テーマは「SLE(全身性エリテマトーデス)ってどんな病気?」
●第3回、1月18日(月)13時~14時、テーマは「心不全の症状とは?」

参加の条件は以下の3つです。
①zoomが使用可能な事
②LINEグループに参加可能な事
③初めての参加時にメールで、tabuse-zaitaku@snow.ocn.ne.jpに申し込みが出来ること

1度登録して頂くと、各回への参加は自由です。
費用は登録も参加も全て無料です。
講義のテーマは、参加希望者からのリクエストで決めていますので、どんどんリクエストして下さい。
(第4回以降のテーマはまだ決まっていません)

ケアマネさん以外の職種からも参加のお問い合わせを頂きました。
聴講自体はOKですが、あくまでもケアマネさん向けにスライドを作成し医学用語を使わずに話すので
職種によっては退屈かもしれません。
それでも良ければどうぞご参加して下さい。
 



【登録の流れ】
①まず参加希望をメールでお願いします。
②私よりLINEグループへの招待をしますので、登録して下さい。

【勉強会への参加】
各勉強会ごとにLINEグループで、zoomの招待用コードを送ります。
勉強会当日に参加希望者はzoomでご参加下さい。
(参加は自由ですので、各回ともに参加表明は不要です)

【退会について】
退会は自由ですので、退会希望者はLINEグループより退会して下さい。
 

2020-11-19 23:38:37

コメント(0)

折りたたむ

全国ネットワーク

10月某日、緩和ケア医だけのあるオンライン会議に参加しました。
私のような在宅の緩和ケア医と病院の緩和ケア専門医が全国各地から20人が集まりました。

前半は全員で議論を行い、後半は4~5人ずつのグループ討論で、
私のグループは、北海道・東北・北陸・東京の先生と私の5人でした。

非常にアグレッシブな先生方ばかりで、皆さんのお話しで参考になることが幾つもありました。
また本業以外のことで、地域への関わりについても勉強になりました。
在宅クリニックをされている北陸の先生は、私がしていないことをされているので、来年見学に伺う約束までしました。

全国の先輩方のお話しを聞いていると、今の自分の立ち位置を認識し、何が足りていて何が足りていないかがよく分かります。
開業して自分独りで仕事をしていると、どうしても我流に偏ってしまうので、貴重な機会です。
この会は今回が第1回で、今後は月1回行うことになったので、積極的に参加して勉強したいと思います。


さて開業して4年目となり、私が見ている和歌山市の在宅医療の景色は、少しずつですが確実に変わり始めています。
来春以降は、自分が設定している第2段階・中期に移行します。(私の想定より1年前倒しです)
皆様に具体的にお伝え出来るようになれば、改めて報告させて頂きますね。






たまに行くバーです。
初めは一人で何も知らずに入ったのですが、ここのマスターは凄い実力者であることを何度か行ってから知りました。
にもかかわらず、マスターの気取らない気さくな接客がとても心地良いです。
 

2020-11-03 17:53:07

コメント(0)

折りたたむ

【告知】ケアマネさんとの勉強会

いよいよ秋が深まりそうな気候となってきました。
体調管理が難しい季節でもありますね。
先日のケアマネさんの講演会で告知した件です。

今後10年の在宅医療は、大きく変わります。
施設を含む在宅看取りは、今後も少しずつですが必ず増えていきます。

ケアマネさんとして看取りに関わるなら、がんも非がんも最低限の医療的な知識があった方がいいですよね。
ケアマネさん向けの各種講習があるのは知っていますが、総論的だったり話しが難しすぎたりと現場ですぐに役立たないことも多いようです。

そこで個人的にケアマネさん向けの勉強会を開催したいと思います。
コロナがなければ直接講義を予定していましたが、当面はオンライン講義(zoom)とします。

毎回テーマを決めて1回20~30分の講義と、その後は自由な質問/相談時間とします。
(テーマの例)
・がんの在宅看取りに必要な3つの事
・心不全ってどんな病気?
・死にたい/死にたくないと言われたら、あなたならどう答えますか?etc

参加料は無料です。
zoom初めての方でも、出来る範囲で事前にサポートさせて頂きます。
和歌山県内のケアマネさんなら、どなたでも構いません。

年内の1回目開催を目標に準備中です。
現在、参加希望者を募っていますので、興味のある方は以下の項目をメールで連絡して下さい。

・氏名
・所属の居宅事業所名

皆様のご参加をお待ちしています。
メール送信先 tabuse-zaitaku@snow.ocn.ne.jp
 

2020-10-19 00:09:43

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4