たぶせ在宅クリニック

和歌山市の訪問診療 たぶせ在宅クリニック

〒640-8264 和歌山市湊桶屋町10 M&MビルA号室
TEL 073-424-0207  FAX 073-424-0300

rss

HOME»  院長のブログ»  その他

その他

  • 件 (全件)
  • 1

今週末は

5月25日(土)~5月26日(日)にかけて、和歌山城 砂の丸広場でがんのチャリティーイベント「リレーフォーライフジャパンわかやま」が開催されます。
昨年は嵐のため途中で終了となりましたが、今年の天気はバッチリそうですね。
お時間のある方は是非どうぞ。
私は土曜日に少しだけお手伝いに行きます。


リレーフォーライフジャパンわかやまfacebook
https://www.facebook.com/pages/category/Community-Organization/%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%BE-308699979312023/



5月26日(日)は、和歌山市内で開催される日本臨床医学リスクマネジメント学会より依頼を受け、パネルディスカッションに参加します。
急変時の対応(DNAR)について、在宅医の立場より発表とディスカッションを行います。

久しぶりの学会発表ですが、他の演者さんと共に議論を行い自分の知識を深める時間にしたいと思います。

第17回 日本臨床医学リスクマネジメント学会 学術集会
http://rmcm17.umin.jp/
 

2019-05-23 21:35:46

コメント(0)

折りたたむ

在宅医を目指す若手医師

近い将来、和歌山市で在宅医を希望している2人の若手医師(K先生、O先生)がおられます。
折を見て勉強会や食事会で情報交換をしたり、私の訪問診療に同行見学されています。
先日はK先生が見学に来られ、1日同行訪問をしました。
ちょうどその日にがん患者さんの初回訪問が急遽入ったので、一緒に行きました。

初回訪問はいつも緊張しながら自宅へ伺います。
もちろん患者さんと家族さんも緊張していますから、初回訪問はお互いにとって非常に大事な時間になります。
玄関入る前から訪問が終わり玄関を出るまでずっと、私の五感はフルに活動しています。
(一体何をチェックしているかはまた別の機会に書きますね)

K先生にとっては、今回の見学も病院医療と在宅医療の違いを目の当たりにされたことでしょう。
早く在宅に出たいかもしれませんが、まだもう少し病院医療(外来/入院、検査→診断→治療、救急/当直)を経験して欲しいと思います。
それが今のK先生にとって大切な事であり、必ず在宅医になってからも役立ちますから。


O先生は4月から県外の病院へ専門領域の修行に行かれますので、先日ささやかな送別会をしました。
今の所属とは全く違う世界に行くのですが、和歌山という狭い場所以外で働く経験もO先生の将来に役立ちます。
私も静岡と東京の2か所の勤務で、和歌山では学べなかった多くの大切なことを学び、「真の一流の医師」の仕事や考え方に間近で触れることが出来、自分の考えが拡がりそして今があります。

お2人と一緒に在宅医として働ける日を楽しみにしながら、来るべき時に備えて自分自身ももっともっとレベルアップしないといけませんね。

 

2019-03-17 19:27:11

コメント(0)

折りたたむ

最後の会合

先日、私が東京での研修時代にお世話になった、笹川記念保健協力財団ホスピス緩和ケアドクター教育研修の会合に参加しました。
残念ながらこの研修制度は今年度で終了となってしまったので今回が最後の会合となり、日帰りで東京まで行ってきました。

全国から30人以上のホスピス医(80%勤務医、20%在宅医)が集まり、「理想のホスピス医とは」というテーマで5時間のミーティングを行いました。
多種多様な意見が飛び交い、参考になったことも多くあり、また自分の今の立ち位置を再確認することも出来ました。
強行軍で参加しましたが、有意義な時間となりました。


さて先日あることが内定したと嬉しい連絡を頂きました。
まだ公表は出来ませんが、種をまいたことの1つが早くも実現することになりそうです。
後日詳しくご報告させて頂きます。


日々の訪問診療を大事にしながら、自分に与えられた「役割」を果たしたいと思います。




 

2019-02-11 01:20:19

コメント(0)

折りたたむ

9月の講演

先日の台風の影響が街のあちこちで見られますが、皆さまは大きな被害はなかったでしょうか?


さて、9月末に下の案内状のような講演があります。
テーマは在宅医療ではなく、「抗がん剤のやめ時」というテーマです。
私は2年半前に抗がん剤(の担当医)を辞めました・・・。
難しいテーマですが、5年間抗がん剤担当医をしたことと、今行っている在宅医療で抗がん剤を辞めた人たちを担当している両方の立場の経験を踏まえてお話しさせて頂きます。
もしご興味のある方はどうぞ。

2018-09-13 13:01:27

コメント(0)

折りたたむ

クラウドファンディング

先週の御坊と和歌山で講演会をさせて頂きました。
参加して下さった皆様と講演会スタッフの皆様に感謝申し上げます。


和歌山での講演の後、和歌山医大の医学生さんから声を掛けられました。
彼は「医療に笑いというケアを」というテーマにこだわって活動されており、その一環としてクラウドファンディングを利用して今年の夏アメリカに1週間研修に行くそうです。

そのクラウドファンディングのサイトを見ると、他にも和歌山で発達障害をテーマに活動されている和医大生がおられることを知り、最近の学生さんは様々な人がいるんだなと感じました。

しかしこれらのテーマは我々大人が出来ていないからこそ彼らは活動せざる得ないとも言え、いろいろ考えさせられました。


もし良ければ、皆様もクラウドファンディングのホームページをご覧下さい。
https://fanfare.medica.co.jp/funding/projects/patch/

2018-06-18 12:33:13

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1