たぶせ在宅クリニック

和歌山市の訪問診療 たぶせ在宅クリニック

〒640-8264 和歌山市湊桶屋町10 M&MビルA号室
TEL 073-424-0207  FAX 073-424-0300

rss

HOME»  院長のブログ»  解説»  【解説③】医療用麻薬について

【解説③】医療用麻薬について

【解説③】医療用麻薬について

(医療用)麻薬と聞いて、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
個人によって様々なイメージをお持ちだと思います。

がんの疼痛や呼吸苦には医療用麻薬はかなりの効果があります。
最近では非がんの一部(心不全や呼吸不全など)にも使用することもあります。
近年日本でも使用されることが多くなっていますし、私も必要と判断した患者さんには躊躇なく使用しています。
副作用はありますが、麻薬に慣れた医師や看護師がチェックしていれば大丈夫です。

しかし今でも麻薬と聞いて嫌な顔をする方は多いです。
その大半は年配の方ですが、昔の悪いイメージが残っているからです。

「麻薬を使ったら最後で、すぐに死ぬ。」
「依存するんでしょ。幻覚や気がおかしくなるんでしょ。」
「あんな怖い薬は嫌です。」
「眠らせるために使うんでしょ。」

様々な意見が聞こえてきますが、丁寧に説明をすると多くの方は安心して、そして苦痛緩和を得て過ごされています。
残された時間を出来るだけ穏やかに過ごすために、医療用麻薬は非常に役立つ薬です。
古く間違った誤解がなくなりますように。



 

2019-01-12 12:07:00

解説   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント