たぶせ在宅クリニック

和歌山市の訪問診療 たぶせ在宅クリニック

〒640-8264 和歌山市湊桶屋町10 M&MビルA号室
TEL 073-424-0207  FAX 073-424-0300

rss

HOME»  院長のブログ

院長のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

play a role in

変なタイトルを付けてみました。
「play a role in ~」を訳すと、「~の役割を果たす」という意味です。

私に求められる役割は、「病気を治して欲しい」ということは少ないです。
それでは、役割は一体何なのでしょうか?


それは、お一人お一人で違います。
直近1~2カ月に求められた役割だけでも以下のごとくです。

・何があっても絶対に入院したくない
・(入院中で)1日も早く家に帰りたい
・仕事に復帰したい
・痛みをしっかりと取って欲しい
・出来るだけ苦しみたくない
・安心して死にたい
・最後にもう1度家を建てたい
・ただただ話を聞いて欲しい
・(別居のご家族より)本人の最期の瞬間に必ず立ち会いたい

実に様々な役割を在宅医として求められます。

実現するには何が必要か?何が必要でないか?
ご本人の病状は?
今後の病状変化の予測は?
残された時間はどれくらいか?
家族の状況は?
マンパワーは足りているのか?
○○を実行するタイミングは適切か?
○○を実行する決断と責任は誰が負うのか?

限られた時間の中で、ご本人/家族と信頼関係も築きながら、あらゆることに気配りをして、
求められた役割を果たしたいと常に考えて行動しています。


初めから「○○は無理です」とは極力言わず、最善を尽くすことをいつも心掛けています。
上手くいく時もあれば、病気が待ってくれない時もあります。

病気が治らない状態の方に、希望と笑顔を届けること。
それが私の役割です。

その役割を果たすべく、私と志を同じくする多くの仲間がいます。
本当に感謝です。
自分の役割を果たせるように、まだまだ精進の日々は続きます。




今、個人的理由で断捨離にチャレンジしています。
出来るだけ処分していますが、その中でも捨てられない物もあります。
日常的に看取りをしているのに、所詮はまだまだ欲深い小僧です。
 

2020-11-29 23:47:50

コメント(0)

折りたたむ

【告知】第2回TZCオンライン塾

先日、第1回のケアマネさんへのオンライン塾を開催しました。
参加者の中には、初めてzoomを使う方もおられましたが、事前に準備をお手伝いさせて頂き、
皆様無事にご参加頂きました。
好評だったので、今後は月1回のペースで予定しています。

●第2回、12月14日(月)13時~14時、テーマは「SLE(全身性エリテマトーデス)ってどんな病気?」
●第3回、1月18日(月)13時~14時、テーマは「心不全の症状とは?」

参加の条件は以下の3つです。
①zoomが使用可能な事
②LINEグループに参加可能な事
③初めての参加時にメールで、tabuse-zaitaku@snow.ocn.ne.jpに申し込みが出来ること

1度登録して頂くと、各回への参加は自由です。
費用は登録も参加も全て無料です。
講義のテーマは、参加希望者からのリクエストで決めていますので、どんどんリクエストして下さい。
(第4回以降のテーマはまだ決まっていません)

ケアマネさん以外の職種からも参加のお問い合わせを頂きました。
聴講自体はOKですが、あくまでもケアマネさん向けにスライドを作成し医学用語を使わずに話すので
職種によっては退屈かもしれません。
それでも良ければどうぞご参加して下さい。
 



【登録の流れ】
①まず参加希望をメールでお願いします。
②私よりLINEグループへの招待をしますので、登録して下さい。

【勉強会への参加】
各勉強会ごとにLINEグループで、zoomの招待用コードを送ります。
勉強会当日に参加希望者はzoomでご参加下さい。
(参加は自由ですので、各回ともに参加表明は不要です)

【退会について】
退会は自由ですので、退会希望者はLINEグループより退会して下さい。
 

2020-11-19 23:38:37

コメント(0)

折りたたむ

何故だか

すっかり秋ですね。
コロナの動向が心配です。

何故だか分かりませんが、看護師さんからのパート募集への応募や見学希望がここ1か月で急激に増えています。
その影響もありパート募集は終了しました。

病院勤務の方、クリニック勤務の方、休職中の方など様々で、皆さんに共通するのが「緩和ケア and/or 在宅医療に興味がある」です。
当クリニックは在宅医療を通じて緩和ケアを提供しているので、当たり前といえば当たり前ですね。

もう皆さんに1つ共通しているのが、「和歌山で緩和ケアや在宅医療を学ぶ/見学出来る施設がない」ということです。
これも当たり前で、在宅+緩和ケアをメインでしているクリニックはたった数か所しかなく、その全てが見学を受け入れてはいないからです。

看護の面でも、在宅緩和ケアは病院の緩和ケアとは全く違います。
どちらが優れているという問題ではなく、どちらにも一長一短があります。

・在宅医は訪問して何をしているのか?
・一体何が病院の医療/看護と違うのか?
・在宅における看護師の役割とは何なのか?
・在宅でも緩和ケアは提供出来るのか?
・在宅医療を提供する側(在宅医/訪問看護師)の苦労/悩みとは?
・介護負担のある家族に、我々はどういうアプローチをしているのか?

出来るだけこのブログでも情報提供していますが、ブログの発信には限界があります。
見学に来られたら、患者さんや家族さんの生の声を聞くことも可能です。

私は信念を持って在宅医療に従事していますが、それを皆さんに押し付けることは絶対に致しませんので、ご自分で判断して下さい。
1回だけでは分からないと、複数回見学に来られる方もおられます。
私の在宅緩和ケアが全てではありませんから、希望される方には他の在宅クリニックや訪問看護ステーションの見学もご紹介します。
密室医療の在宅医療を可能な限りオープンにするのも、私の役割です。


私のカバンには聴診器と血圧計しか入っていませんが、出来ることは沢山あります。
医療の原点に立ち返るのが在宅医療だと私は思っています。


見学に来られた皆さんは、「知らなかった世界を見れて本当に良かった」と感想を述べられます。
ご興味のある方、どうぞお待ちしています。

2020-11-09 01:23:00

コメント(0)

折りたたむ

全国ネットワーク

10月某日、緩和ケア医だけのあるオンライン会議に参加しました。
私のような在宅の緩和ケア医と病院の緩和ケア専門医が全国各地から20人が集まりました。

前半は全員で議論を行い、後半は4~5人ずつのグループ討論で、
私のグループは、北海道・東北・北陸・東京の先生と私の5人でした。

非常にアグレッシブな先生方ばかりで、皆さんのお話しで参考になることが幾つもありました。
また本業以外のことで、地域への関わりについても勉強になりました。
在宅クリニックをされている北陸の先生は、私がしていないことをされているので、来年見学に伺う約束までしました。

全国の先輩方のお話しを聞いていると、今の自分の立ち位置を認識し、何が足りていて何が足りていないかがよく分かります。
開業して自分独りで仕事をしていると、どうしても我流に偏ってしまうので、貴重な機会です。
この会は今回が第1回で、今後は月1回行うことになったので、積極的に参加して勉強したいと思います。


さて開業して4年目となり、私が見ている和歌山市の在宅医療の景色は、少しずつですが確実に変わり始めています。
来春以降は、自分が設定している第2段階・中期に移行します。(私の想定より1年前倒しです)
皆様に具体的にお伝え出来るようになれば、改めて報告させて頂きますね。






たまに行くバーです。
初めは一人で何も知らずに入ったのですが、ここのマスターは凄い実力者であることを何度か行ってから知りました。
にもかかわらず、マスターの気取らない気さくな接客がとても心地良いです。
 

2020-11-03 17:53:07

コメント(0)

折りたたむ

1年経っても

すっかり秋の気候ですね。
ちょうど良い季節は一瞬で過ぎてしまいますが・・・。

先日、1年前にお看取りをさせて頂いた方の奥様からお電話を頂きました。
ご本人は60代のがん患者さんで、私が担当したのはわずか6日間でした。
初回訪問の時点でとても厳しい状態で、ご本人とはほとんど会話は出来ず、奥様/娘さんとの会話がほとんでした。

ご本人はご自身で立ち上げた会社を成功させるのに仕事三昧で、家族との時間は非常に限られていたそうです。
家を独りで守ってきた奥様からすると、1年経っても心の整理がつかず、コロナもあってほとんど外出もされていなかったと。
最近になってようやく友人とお茶を飲む約束が出来るようになったとお話しされていました。

ご家族には長くて短い6日間だったことでしょう。
奥様の振り返りやご本人への想いを伺い、改めて労いの気持ちをお伝えしました。
電話の後半には声も明るくなり、感謝の言葉を頂戴しました。


毎日必死に生きておられる方のお傍にいるからこそ見えてくる世界があります。
お亡くなりになった方のご家族と話すことで、何が大切かを教えて頂けます。

人が生き、死ぬということは一体どういうことなのか?
私が在宅医として果たすべき役割は何なのか?


私も仕事バカと言われているくらい仕事三昧ですが、実はちゃんと趣味も楽しんでしっかりと気分転換をしています。
上記の奥様からも心配して頂きましたが、今のところ燃え尽きる予定はありませんのでご安心下さい。​




10年以上前の本です。
デーケン先生と紀伊國先生は今年相次いでお亡くなりになりました。
久しぶりに読み返してみると、改めて学びがありました。
 

2020-10-26 00:55:48

コメント(0)

折りたたむ

【告知】ケアマネさんとの勉強会

いよいよ秋が深まりそうな気候となってきました。
体調管理が難しい季節でもありますね。
先日のケアマネさんの講演会で告知した件です。

今後10年の在宅医療は、大きく変わります。
施設を含む在宅看取りは、今後も少しずつですが必ず増えていきます。

ケアマネさんとして看取りに関わるなら、がんも非がんも最低限の医療的な知識があった方がいいですよね。
ケアマネさん向けの各種講習があるのは知っていますが、総論的だったり話しが難しすぎたりと現場ですぐに役立たないことも多いようです。

そこで個人的にケアマネさん向けの勉強会を開催したいと思います。
コロナがなければ直接講義を予定していましたが、当面はオンライン講義(zoom)とします。

毎回テーマを決めて1回20~30分の講義と、その後は自由な質問/相談時間とします。
(テーマの例)
・がんの在宅看取りに必要な3つの事
・心不全ってどんな病気?
・死にたい/死にたくないと言われたら、あなたならどう答えますか?etc

参加料は無料です。
zoom初めての方でも、出来る範囲で事前にサポートさせて頂きます。
和歌山県内のケアマネさんなら、どなたでも構いません。

年内の1回目開催を目標に準備中です。
現在、参加希望者を募っていますので、興味のある方は以下の項目をメールで連絡して下さい。

・氏名
・所属の居宅事業所名

皆様のご参加をお待ちしています。
メール送信先 tabuse-zaitaku@snow.ocn.ne.jp
 

2020-10-19 00:09:43

コメント(0)

折りたたむ

今日は

すいません、久しぶりの更新となってしまいました。
私は変わらず訪問診療の毎日です。

今日はケアマネさん達への講演で、90人の定員満席でした。
皆さん熱心に聴いて頂き、とても話しやすい雰囲気の中で講演をさせて頂きました。
一番遠くの方は那智勝浦からわざわざ来られたそうです。
嘘か本当か、私の講演を聴きたかったとのこと。

皆さん、平日の昼間に仕事の都合をつけて来ておられます。
話す私としても、「聴きに来て良かった」と少しでも思ってもらえるようなスライドを作り、そしてお話しをします。

講演でいつも心掛けているのは、「シンプルに分かりやすく」。
これは決して特別なことではなく、普段の訪問診療でも心掛けていることです。



実は今日の講演で、昨年から私が構想していたアイデアを披露して、ケアマネの皆さんの反応をみるという仕掛けをしました。
仕掛けの答えが出るのは数日後ですので、反響が多ければこの場でも公開したいと思います。

本日ご参加されたケアマネの皆さん、ありがとうございました。
 

2020-10-12 22:11:40

コメント(0)

折りたたむ

マギーズ東京

急に涼しくなり、日々の訪問診療の負担は少し軽くなりましたが、体調管理が難しい季節ですね。

最近新しく担当したがん患者さんの治療経過を見ていて、あることを再認識しました。
それは、がん治療以外のことを相談できる場所と人が和歌山にはほとんどないことです。
私にはその想いがあってがん相談を行っていますが、私1人で出来ることなんてたかだか限られています。
相談対手が医師だとハードルが高いと思う人もいるでしょう。

和歌山でご存知の方は恐らくほとんどいないと思いますが、東京には「マギーズ東京」という施設があります。
ここでは、がんに関するあらゆる相談やレクチャーを受けることが出来ます。
しかも完全無料です。

ここで主任心理療法士をされている栗原さんは、静岡がんセンター時代に一緒に働かせて頂きました。
様々な悩みを抱えておられる患者/家族さんに対する心理療法士としてのアプローチを見学させてもらいました。

和歌山で受けられるがん治療と東京や静岡がんセンターで受けられるがん治療は、一部の領域を除き同じ日本国内なのにあまりにも差があり過ぎます。
和歌山は田舎だから仕方ないと諦めるのは簡単ですが・・・、本当にそれでいいのでしょうか?
せめて在宅医療だけでも全国水準と同等のものを提供するという気持ちで、患者さんから日々学びながら訪問しています。


またがんだけでなく、難病を含む非がん・医療的ケア児・障害者医療などあらゆる分野で、地域で診る/看るということが今後のキーワードになるでしょう。
マギーズ東京はがんだけに特化していますが、がん以外も含むあらゆる疾患の相談場所として、「暮らしの保健室」というものも東京だけでなく全国各地にあります。
将来「マギーズ東京」や「暮らしの保健室」の和歌山版が出来れば良いなあと本気で思っています。



さて、本当にこの和歌山で出来るのでしょうか・・・。​




ではなく、どうしたら実現できるのか?という気持ちで構想を練ります。



 

2020-09-18 00:13:26

コメント(0)

折りたたむ

短期のお付き合いでも

例年8月は少し暇になるのですが、今年はフル稼働でした。
夏バテ対策を念入りにしたので、幸いダウンせずに乗り切れました。
まだ残暑は続くので、油断は出来ませんね。


以前から公開しているように、がんの末期の方とのお付き合いは平均25日です。
ということは25日よりも短い方も多くおられます。
紹介の時から極めて病状が悪いと分かっているケースもあれば、予期せぬ急激な悪化でお別れするケースもあります。
どんなケースでも最大限の在宅ホスピスケアを提供させて頂きます。

病状が極めて悪いケースの紹介の場合、紹介者の方(病院の連携室スタッフや訪看さん)が凄く申し訳なさそうに連絡してくれます。
短いお付き合いになるので私に気を遣って下さるのですが、私は全く気にしません。

ご本人/家族がいくら自宅に帰りたいと希望されても、在宅医と訪看さんが見つからなければ帰れません。
これも私と訪看さんの大事な役割です。
しかも紹介当日か遅くとも翌日には自宅に帰らないと、自宅へ帰るタイミングを逃すことになります。
そういったケースにも出来るだけ即日対応させて頂きますので、遠慮なくご相談下さい。



私の大学の同級生が内科クリニックを南海 紀の川駅の近くで新規開業しました。
気さくな明るい先生ですので、お近くの方は是非どうぞ。



 

2020-09-06 12:21:14

コメント(0)

折りたたむ

とある病院で

まだまだ暑いですが、もう8月が終わりますね。
有難いことに熱中症にもならず、毎日訪問しています。


先月より、とある病院(A病院)からの依頼で、入院中の患者さんの緩和ケアをお手伝いしています。
A病院では今までがん患者さんの看取りがほとんどなかったそうで、医師も看護師もその他のスタッフもどうしたらいいか分からないので、レクチャーして欲しいという依頼です。

幸いがんはまだゆっくりと進行していて、先月の1回目の訪室時と先日の2回目の訪室時で、そう大きな変化はありませんでした。
ご家族も熱心な方々で、A病院のお手伝いで主治医でない私が訪室することを快く許可して頂いています。
訪室時はA病院の先生をはじめスタッフさん達を引き連れて病室に行くので、まるで教授回診のような光景です。
(一団の中で私だけが私服ですが・・・)

病室で診察とご本人・ご家族とお話しをしてからナースステーションに戻り、医師/スタッフさんへのレクチャーと質問にお答えします。
A病院の方々は皆さんとても熱心で、質問も具体的な内容を聞かれるので、お答えする私もついつい熱が入ります。

スタッフさんの中にはがん患者さんを担当することに不安を持っている方もおられます。
でも教科書や講義だけでは分からないことを、実際のケアを行うことで患者さんから学べます。
不安があっても、緩和ケアの経験が少なくても、それぞれのスタッフが今の全力を尽くすことが、ご本人・ご家族への手厚いケアにつながることをお伝えしました。
私にとっては想定外の依頼でしたが、これも私の役割と考え、今後も精一杯サポートさせて頂きます。




コロナで延期になっていた講演/講義が続々と決まっています。
9月23日の勉強会のみ多職種の方、どなたでも参加可能です。
今回初めてオンラインミーティング(webex)も併用して行いますので、自宅や職場に居ながらにして参加可能です。

●9月15日(火)、ケアマネ更新研修

●9月23日(水)、和歌山市医師会在宅医療サポートセンター 連絡協議会(勉強会) 「グリーフケアについて」

●10月12日(月)、介護支援専門員協会 定例研修会 「ACP 在宅での看取り」 

●10月29日(木)、和歌山市薬剤師会 研修会 「在宅における高齢者の脱水予防」

●来年2月6日(土)、和歌山県看護研究学会 シンポジウム 「地域包括ケアの実践から未来を考える」


一般市民向けのイベントも11月に開催予定でしたが、コロナの影響で中止となりました。
コロナが落ち着けば、開催したいと思います。
講演、勉強会等のご希望あれば、出来るだけ対応させて頂きますので、どうぞご連絡下さい。
 

2020-08-27 17:59:15

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5